前へ
次へ

冬のスキンケアの注意点

冬は夏場よりも肌が乾燥しやすく、スキンケアが大切になる季節です。
もともと乾燥肌タイプである女性にとっては更に乾燥しやすくなるため、冬はスキンケアでは悩み多き季節だと思います。
そのため、冬はいつも以上に丁寧で時間をかけたスキンケアを行う必要があります。
冬のスキンケアの悩みである乾燥肌については、それを解消するために、とにかく肌に水分をいれることである。
まずはこれでもかというくらいに肌を甘やかせるイメージで化粧水を付けます。
ただつけるのではなく、浸透するようによくコットンや手のひらなどでやさしくパッティングします。
そしてそれだけでは肌から水分が逃げてしまうため、それを防ぐために、乳液をつけ、お肌にふたをしましょう。
必要があれば美容液やクリームをつけるなど工夫をしましょう。

冬の乾燥スキンケア対策

冬はまず乾燥します。
気温も湿度も下がり、外でも乾燥しますが、室内でも暖房などでひじょうに乾燥しやすいです。
そして、肌には感想が一番の天敵です。
乾燥してしまうと、ハリがなくなったり、キメが乱れたり、いわゆる肌荒れが酷くなり、ゆくゆくはしわになってしまったりと良いことがありません。
そうなってしまう前のスキンケアが必要です。
今は洗顔料でもメイク落としでも保湿効果が高いものが多く出ています。
そこに一般的なスキンケア方法である化粧水や乳液、美容液を丁寧に塗ることも必要です。
冬場はオイルを少しプラスするだけでも保湿効果があります。
また、室内の乾燥にも気を付けます。
加湿器などをおいて、なるべく乾燥しないような環境作りが、スキンケアへの一歩です。

Page Top