前へ
次へ

湿度の低い冬のスキンケア

寒く、湿度の低い冬は、肌には厳しい環境です。
潤いが足りず、張りがなくなる、かさつくといった悩みを抱えている人が多くなる季節でもあります。
この湿度の低い冬に必要なスキンケアは、水分を補うことと、適度な油分でしょう。
というのも、冬になると皮脂分泌量が減り、水分の蒸散量は急激に増加するからです。
そのまま何もせず、放置していると、うるおいがなくなり、かさついてくるのは当然です。
そうならないためにも、正しいスキンケアは重要です。
まずは水分の多いローションでたっぷり水分補給をして、徐々に油性成分の多いクリームなどをぬっていくというステップを踏むと良いでしょう。
この順序を逆にしてしますと、油性成分が水性成分の浸透を邪魔してしまうことになるので、注意が必要です。

寒さと乾燥から守る冬のスキンケア

一年中同じスキンケアでいいと思っている女性は、意外に多いのではないでしょうか。
冬は気温が下がり、空気は乾燥しています。
室内は暖房で肌はさらに乾燥してしまい、カサカサ・肌荒れ・小じわなどの肌のトラブルが多くなります。
冬は他の季節に比べ、保湿効果の高い美容液やクリームを使ってしっかりしたスキンケアが必要です。
お風呂上がりには、なるべくすぐに顔に化粧水やクリームを付けることで乾燥が防げます。
湯船に浸かっている間にマスクシートで軽くパックするのもお勧めです。
何も付けずにそのまま眠ってしまうと、寝起きの顔はカサカサしていませんか。
毎晩のスキンケアをしっかりすることで、翌朝の化粧のノリが全く違います。
冬の寒さと乾燥からデリケートなお肌を守りましょう。

Page Top