前へ
次へ

冬の乾燥肌にかかせない日ごろのケア

秋から冬にかけて夏に浴びた紫外線の影響と、気温が低くなってきたことにより肌が乾燥するようになります。
そのためスキンケアを見直し保湿重視のケアをしていく必要があります。
特に入浴後一気に肌が乾燥してしまいますので、できるだけ早く肌のお手入れをしなくてはなりません。
特に保湿にいいとされているのが「オイル美容」です。
入浴後すぐにオイルマッサージをする、もしくは手持ちの化粧水に数滴混ぜて使用するとしっとりもっちり保湿ができます。
その後に美容液、クリームを塗り込めば問題ありません。
また洗顔についても、洗い過ぎは必要な油分までも落としかねません。
洗顔料を泡立てて顔の上にのせ、こすることなくそのまま洗い流す、そうする事で十分に洗顔は完了するのです。
肌の乾燥を感じてもすぐに化粧品を買い替えるのではなく、まずは日ごろのスキンケア方法について見直してみてはいかがでしょうか。

保湿ケアのルールとは

スキンケアでも保湿ケアをする上ではある程度のルールが出てきますが、どのくらいのレベルのお手入れをしていると自分にとって肌の調子が良くなってくるかを観察しているとわかりやすいです。
本格的に乾燥しやすくなってきたら、通常の基礎的なスキンケアに特別なお手入れをするのがもっともでもありますが、様子を見ながらケアをしていくのが確実です。
肌は呼吸をしていないため、年齢と共に老化もしやすくなってきますが、きっちりと保湿のケアをすることは必要です。
楽しんでスキンケアをしていくことが美肌に近づかせられる秘訣となりやすいですが、顔の毛穴が目立ってきているときには特に気を付けて保湿をしていくのが一番のルールなのです。

Page Top