前へ
次へ

冬のスキンケアには保湿が大切

冬はスキンケアを特に気をつけなければいけない時期です。
乾燥しやすく、また肌も傷つきやすい時期なのです。
冬のスキンケアで大切なことはやはり保湿です。
普段はあまり乾燥しない肌質の人でも季節によっては乾燥しやすく、いつの間にか肌がかさかさになってしまっているときがあるのです。
室内の乾燥を防ぐためにも加湿をしておくことも大切です。
また、洗顔フォームなども潤いを保ったり、保湿成分が豊富なものがとても人気があるので、それらを利用してみるというのもいいということです。
室内の加湿と肌の乾燥は冬には誰でも感じることがありますが、できるだけ防ぐようにしておくことです。
また、血流が悪くなると肌にも影響があるので、温かくしておくことも大切です。

冬のスキンケアは乾燥対策が大切。

冬になると肌が乾燥して困りますよね。
スキンケアに気を付けている方も多いと思います。
乾燥がひどくなるとシワも目立ちますし、化粧のりも悪くなります。
私はとにかく保湿を重視しています。
夜は少しベタベタする位に乳液とクリームを塗っています。
朝はクリームだと化粧崩れしやすいので、肌が手に吸い付く位に化粧水を何度も重ねづけしてから、たっぷりの乳液で保湿しています。
洗顔もとても重要です。
肌に負担をかけないように、良く泡立てて優しく包み込むように洗うと汚れも綺麗におとせます。
洗顔をした後は5分以内には化粧水をつけた方が肌が乾燥しません。
そして、肌にはあまり刺激を与えない方がいいので、パッテイングするよりも肌に入れ込むように化粧水をつけた方が効果的です。
肌荒れしやすい冬もスキンケアを大切にして乗り切りたいですね。

Page Top